慰安婦の件

なぜまた日本が補償金払うのか政府の真意はよくわかりませんが、対中国で平和が維持されるなら自前で軍隊持つより安いかも、年間27兆円はかかると聞いたことあるし、それに最終的に蒸し返さないものだし、といっても納得できないものが。。


日本人はとにかく英語で発信すべきだと思い知りました。

ブログではなく、ニュースのコメント欄だと、確実に読んだ人には届くから、読んだ人は必ず今後何かを考え出すはず。炎上してもいいと思う。事実を突き付けていけば、何かきっかけになる。


イギリスとアメリカの大衆紙のコメントを見てみたところ、イギリスのゴシップ系の大衆紙は酷いです。言葉も性奴隷だし。

コメントもプロパガンダに染まりまくりで、人権や人間の恒久的な権利とかを認めて謝ったとか、金や謝るのでは足りない、誠意だ!、みたいになっちゃってるから、余計わかりづらい。

韓国中国が遠いだけあって、嘘や策略や捏造が当たり前なのはわかんないんだと思う。

工作員?適切な表現が浮かばないけど、も、たくさんいるかもしれない。

あと実際に祖父から話を聞いてる人も何人かわかんないけど書き込んだりしてて、hateをあおっていた。捕虜なんかはどこの国だってどんな兵だって酷い扱いされてるのだけど。

このままだと日本は酷い国だから占領とかされても傍観されかねない感じ。

さらには、そこの大衆紙はもはやコメント受け付けないことにしてた。タブロイドだから、読者の炎上まで付き合うことないからか。


アメリカのは、たまたま見たのが普通の大衆紙だったのか、日本的な立場で書いてる人もいたし(日本人かな)、むかしブログ見たことあるイセヘイジロウさんも書き込みしてた。感情的なものより、事実を突きつければ、考える土壌がある気がした。まだ反応はわかんないけど。大晦日だし 笑


ほんとに日本人も英語でピンポイントで発信してかなくてはいけないなあと強く思いました。日本人て全く発信してないから。

国内のブログの層の厚さなんて、何の意味もなしてない。海外の誰も日本人が調べてる事実に基づいた見方なんてしてない。

きっとチェコでもブラジルでも、どんな国でも似たようなコメントされていると思う。

工作員や洗脳された韓国人なんかたくさんそれぞれの国にいるんだろうから。

語学はやはり大事。発信することも非常に大事。

国連がくさってようが、そこを目指したりする若者を応援し増やすこともとても重要になってしまった(本当は昔から重要なんだろうけど、日本はおおっぴらな国策ではしてない気がする)。

なんか平和に楽しく生きてるだけでは不十分なんて、窮屈な世の中だわ。


新しい年に向けて、変な偏向した主張や捏造は滅び、安らぎと平和と相互への慈しみが満ちた新しい世界になることを願っています。




[PR]

by tamitamix | 2015-12-31 14:14  

<< モネ 習近平も信じない南京事件 >>