オリンピックエンブレム 続き

佐野さん達の出来レースのあと、どうなったか、ですが、

次は、またもやマークの専門家ではなく、会社のコンサルなどが専門の、コーポレートアイデンティティの人達が介入しているそうです。

個人的には、長野五輪はコーポレートアイデンティティの会社だったし、佐野っちたちの広告代理店や内輪数人だけの出来レースより好きですけど。でも、コーポレートアイデンティティもマークとは分野が違うので、うっかりすると、やっぱりへなちょこなものになるんでしょうかね。

今度のエンブレムの公募では、デザインの枠が決まっていて、その中に、文字の場所やら絵の場所やらが規定されているので、プロ相手にそれはありえない状況です。むしろ素人狙いオンリーでごまかすのか。

そして、JALとかコカコーラみたいな協賛企業などが使うポスターなどは素人ではアイデア出せないし製作もできないから、審査員に入っているようなコーポレートアイデンティティの会社が介入することで、カバーすることになるんでしょう。


一句できました。

またしても、かんでる企業がぼろ儲け。。


いままで日本人として生きてて、日本では税金がちゃんと国民のために使われてる実感が乏しく、お金が一番な価値観がますます当たり前になってる昨今な気がします。

100年の計なんてなく、自然環境や教育より、やっぱり金が第一っていう今の社会だからこそ、金がからまないと、何も生み出せないのかもしれません。

日本を売りまくってきたダメな政治家達と、ベンツとか持ってるのに生活保護もらってる人達などに、何百億払っていることやら(ダメな政治家には1人何兆ももらってる人もいるみたいですけど)。

そんなのに使われるよりかは、まだ今回みたいに公共事業で企業にお金が行ったほうが、会社で働く普通の人も潤って家族も喜ぶし消費も増えるし、まだいいような。。。でも、意匠登録しらべるだけで7億??


もはやもう、何がいいのか、よくわかりません。

どんなオリンピックになってしまうのか。

このままコーポレートアイデンティティの会社が、あの信じられないツアーガイドの服も監修して、開会式も下手くそな歌手たちを駆逐して、いいものにしてくれるのなら、それもいいのかもしれません。


[PR]

by tamitamix | 2015-11-15 14:25  

<< 1万ドル進呈ですって ドラマでも情報戦? >>